場合は、ブラウザ、サイトへのアクセスには影響しませんが、スクリプトの構文をサポートしていないページは少し元のWebページから異なる場合があります
:::
    武陵の歴史
    Date:2012/01/31
    キャプション:画像.1 大統領だった蒋経国 氏は武陵農場の桃花園を視察。画像.2 武陵路初期の容貌。画像.3 開墾初期に大統領だった蒋介石と經國 氏の現場視察。
    画像.1 大統領だった蒋経国 氏は武陵農場の桃花園を視察。
    画像.2 武陵路初期の容貌。
    画像.3 開墾初期に大統領だった蒋介石と經國 氏の現場視察。

    「開墾する時期」民国52年~56年
    初任の農場長だった林德錡 氏は栄民を率いて、土地を開墾することに従事し、夏の高冷野菜、温帯の果樹を試験的に植え、また農業復興発展委員会の指導を受けて、農業の経営方針を確立した。

    「農業時期」民国56年~70年
    土地を開墾すること、又は土地を改良して果樹を栽培し、北谷の野菜畑の開墾する計画を完成した。農業生産の面積を拡大して、栄民の適当な住む場所を手配すること、農場開墾人員の生産作業を指導し、生産成果の競合試合を開催し、新しい制度を作って果樹の管理を強化すること、農業機械化作業を推進し、効率を有効的に向上し、人事費用を軽減させます。民国70年から、直営する農場事業は、すでに自給自足の目標を達成した。

    「農業から休閑事業へのモデルチェンジの時期」民国70年~87年
    観光娯楽事業を推進するため、民国75年に農場は第一歩のモデルチェンジ計画を完成した。民国78年から観光施設、ソフト及びハードウエア設備の建設を徐々に推進していく、キャンプ場、醒獅園(獅子芝居サークル)の親子広場を完成し、茶芸館、従業員の寮、旅行サービスセンターなどを建設し、なお観光計画の指導に協力して、観光局など関連する機関からの経費補助を求めた。徐々に年毎に休閑娯楽の施設を段階的に建設した。

    「休閑観光にモデルチェンジしてからの発展時期」民国88年から今まで
    第二期のモデルチェンジ計画を推進し、そして武陵第二国民ホテルを建設した。民国92年5月23日に政府の政策と合わせて、第二ホテルの外部への委託経営を完成し、また引き続き各施設の修繕を拡大し、前後に楓林小館、チョウチョウの館、キャンプ場、武陵茶庄、武陵路の電力地下化及び高山植物園区などの工事を完成し、農場を正式に観光事業をメインとしてのモデルチェンジの段階に入らせた。
TOP