場合は、ブラウザ、サイトへのアクセスには影響しませんが、スクリプトの構文をサポートしていないページは少し元のWebページから異なる場合があります
:::
    武陵のご案内
    Date:2012/01/31
    泰雅の原鄉
    中横公路はまだ開通されなかった前に大甲渓の上流は台湾原住民の泰雅族の原郷でした。台中県和平郷の環山、松茂、梨山、佳陽などの部落の住民はすべてが自給自足する生活形態を過ごしています。中横公路の支線は民国47年に開通された後に続々と沢山の人々は武陵地区に移住して来ており、森の仕事と農業開墾に従事した。「台湾栄民の農業開墾サービス所」という開墾隊は、この地区で「武陵農墾区」を設立し始めた。

    農場の初め
    民国52年の春、その時に退官した国軍補導委員会の主任、かつ大統領だった蒋経国 氏は、苦難に恐れず、自ら実地調査をして、もと栄民の農業開墾地に属されていた武陵開墾地区を当年の5月10日に正式に「武陵農場」と命名し、林德錡 氏が初任の農場長となりました。

    農場は成立した初期に退官した国軍を安置すること、及び農業生産に従事させることをメインの仕事として、東西横断道路の沿線山地の農業資源を開発し、その後に補導会に所属された山地農場の一つになりました。最近の数年には時代の流れに応じるため、又は政府に協力して観光産業、国土保育政策を推進し、民国 79 年からは 2 期に分けて、12 年期の観光モデルチェンジ計画を発展するように農業と観光産業がお互いの成長を助長させます。有限な資源で、栄民への配慮や、栄民生活の面倒を見てやること、及び産業の経営、観光旅行の発展と環境保護などの方面においても兼ねて進み、資源の永続的な利用が確保されて、産業を永続的に経営する目標を達成しようとします。

    キャプション:農場のコンサート夢の桃源郷 武陵の景勝地
    古代の魏晋時代の詩人だった陶淵明が書いた桃花源記という文章には、偶然に桃の花の森に入ったことを記述し、はなやかな気持ちを描写したことがあります;今日の武陵農場は、春の花の海、夏の果物と野菜、秋の楓の紅葉、冬の瑞雪で国民に高品質の旅行サービスを提供しています。古人の桃源郷の夢境を如実に現せます!
    武陵農場は海抜がわりに高いため、台湾の有名な避暑地となり(夏の平均気温は22度);ここ数年は野山の楓の紅葉が人々を魅了させるから、『台湾の九寨溝』という美くしい名称が名付けられました。(楓見の旅は11月中旬から正月の中旬まで)。春、夏、秋、冬に拘わらず、一度武陵農場にいっらっしゃいましたら、きっと人々に忘れられないほど印象深くになりますよ!

    武陵の四季 景觀は大違い
    武陵の春は、至る所に桃の花や、杏の花及び林檎の花が淡く微かな香りをします;夏には、成熟たての果物(毎年7~10月が果物の季節です)、こずえでなまめかしく垂らします;秋の夜には、山林の中で真っ赤な楓の紅葉はゆっくりと揺れます;初冬の季節には、まっ白な雪、山頂を敷いて、北国の風情を現します。このように多様な景色は観光客を帰ることさえ忘れるほど引きつけていて、もし今から直ちに帰るとしたら、きっと物凄く惜しいことだと思わせますのよ!

    キャプション:画像.1 満開な桵、画像.2 多くの実、画像.3 秋の楓の魅力、画像.4真っ白な雪
    画像.1 満開な桵      画像.2 多くの実      画像.3 秋の楓の魅力    画像.4真っ白な雪
TOP